AMX13

1/72スケールのAMX13のペーパークラフトです。
完成サイズは、87mm * 34mm * 32mm(縦*横*高さ) です。

AMX13について

AMX13は第二次世界大戦後にフランスで開発された軽戦車です。特徴的な上下に分かれた揺動式砲塔は、俯仰角をとるときに砲塔内部に搭載された自動装填装置と主砲を共に連動させるためのものです。主砲はドイツのパンター戦車をベースに開発された75mmライフル砲です。
AMX13 – Wikipedia


ダウンロード

展開図データや組立説明書の中に誤記などありましたらコメントでお知らせください。

AMX13” への6件のフィードバック

  1. はじめまして、
    展開図が適度に難しいところが気に入って、楽しんで作ってます。
    九五式軽戦車、九七式中戦車、Ⅳ号戦車を作り、AMX13を作り始めました。

    ところで、AMX13の展開図について教えてください。
    車体の左右で転輪の位置が非対称になってますが、これは正しいのでしょうか?
    これまで作った3つは左右対称になっていたので、気になってます。
    よろしくお願いします。

    1. うさひろさん、はじめまして
      私の作品を作っていただきありがとうございます!
      AMX13について、左右で非対称になっているのは懸架方式がトーションバーサスペンションのため、
      左右でズラしてトーションバーを配置されているためです。

      1. トーションバーについて調べたら、非対称となることが納得できました。
        これでAMX13を作り続けらます。
        ありがとうございました。

  2. こんにちは。Mr.Cubeさんが公開されているペーパークラフトをいつも楽しく拝見させていただいております。
    以前から疑問に思っていたのですが、
    私は紙を折るときにカッターでなぞって折り目をつけていますが、どうしても紙の断面が白く見えてしまいます。
    ですがMr.Cubeさんの作品は折り目がきっちりしていてなおかつ白い部分が全く見えません。Mr.Cubeさんはどのようにして紙を折り曲げていますか?教えていただけると幸いです。
    長文失礼しました。

    1. 名無しの斥候兵、こんにちは。
      私の作品をご覧いただきありがとうございます!
      紙を折るときについてですが、私は鉄筆と呼ばれる先端の尖った道具で折り目をつける方法をとっています。
      また、紙の断面が目立つ場合は、水性ペンで塗装して目立たなくする処理も有効かと思います。
      参考になれば幸いですm(_ _)m

      1. なるほど、鉄筆ですね!早速試してみます。ありがとうございました!

Mr.cube にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA